Message

代表挨拶

皆様のクロスボーダーのトータルパートナーでありたい。

president

2003年の創業以来、日本の企業の皆様、個人の皆様のアジア進出のゲートウェイ機能となれるよう、時々の皆様の声をお聴きしながら、グループ力の向上に努めてまいりました。
中国にはじまった日本とアジアの関係は、その地域を広げ、同時に進出の動機も、時と共に変化をしております。
1990年代から現在に至るまで、「より安く製造・調達をしたい」というアジアに求める進出価値は引き続き健在です。
しかしながら、2000年代 にはいってからは、進出動機は急速に多様化をしてまいりました。「より大きな市場を獲得したい」、「より効率的に資金を調達したい」、「より効果的に事業や資産を継承したい」というような以前では考えられなかった動機が顕在化しております。
これはとりもなおさず、成熟期を迎えた日本の進路の変化と、近隣新興市場の勃興による消費能力の向上によるところであります。
このようなアジアの地殻変動を支えますのが、貿易、金融などの自由度を高いレベルで保持している香港、シンガポールということになります。
「アジアのハブ」といわれる香港、シンガポールは例外なく日本の企業の皆様、個人の皆様にも大いに活用をいただけるものです。
私たちは時代と共に変化する皆様のご要望を的確に捉え、グループ機能を都度拡張し、日本の皆様への「クロスボーダーにおけるワンストップサービス」をご提供できるよう、留まることなく変化と進化を続けて参ります。
私たちグループにお声かけをいただければ、必ず皆様がお探しのソリューションを見つけていただけるものと自負いたしております。
変化と進化を続けるホープウィルグループ ホールディングス、グループ各社をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

役職・代表
Hopewill Group (Holdings) Ltd. 代表取締役会長
福岡大学経済学部 非常勤講師
アジア経済連合会 香港支局長
香港和僑会 事務局長
堀 昭則